「どう行動すべきか」は周囲に学べ

「どう行動すべきか」は周囲に学べ

93 489 views | 13 Nov. 2019

◯仏教の知恵を得る(オンラインストア):https://nalandastore.net

◯ニコニコチャンネル(生配信)『大愚道場』:https://ch.nicovideo.jp/taigu

◯著書『人生が確実に変わる 大愚和尚の答え』https://amzn.to/3bJ8ndJ

◯著書『最後にあなたを救う禅語 』https://amzn.to/2FpMlAG

◯著書『苦しみの手放し方/ダイヤモンド社』https://amzn.to/32ToZva

◯大愚和尚(公式WEB):http://taigu-gensho.com

◯Twitter:https://twitter.com/Taigu_gensho

◯Facebook:https://www.facebook.com/taigu33

◯大愚メルマガ(無料):https://taigu-gensho.com/mailmagazine/

◯相談・質問窓口:http://taigu-gensho.com/ichimon/

「大愚和尚の一問一答」は大愚和尚が、仏教の視点をもって、国内外の方々から寄せられた相談にお応えする番組です。

【大愚和尚プロフィール】

大愚 元勝(たいぐ げんしょう) 昭和47年8月生まれ。佛心宗福厳寺住職。慈光グループ代表。空手家、セラピスト、社長、作家など複数の顔を持ち「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。僧名は「大愚」(大バカ者=何にもとらわれのない自由な境地に達した者の意)。

※「大愚和尚の一問一答」の企画・運営・撮影・編集は(株)ナーランダ出版が行なっています。

©︎Nalanda Publishing

369ありがとう

相談者さんのお気持ち。私もわかります。なぜなら、私も就職を前に先輩方と対等にやれるものと思っていたからです。
今から考えると、あの時は、若かったな~と思います。
そして、完璧をめざしていました。
辛い生き方だったと思います。

HAMAYA YUKIE

同感。

Shun Sato

まるで自分に言い聞かせてもらっているようで、いつも考えさせられます。貴方は俺の心の師匠です。

煮込みうどん

中々厳しい意見ですが、ごもっともな回答だなと感じました。
とはいえ自分の欠点を的確に見抜いて、口頭でしっかり説明して下さる社長さんはとても素敵だなと感じました。わたしもかなりの不器用なので、勉強になります!

唐揚げは飲み物

昔読んだ禅に関わる本で、ずっと印象に残っている内容がありました。それは
「30歳を超えて入門してきた男が居た。和尚は、事あるごとに男を激しく叱りつけた。お前は何もかも遅すぎる!と。だが、和尚はその男の遅さを愛していたのだ。」
これの意味がやっと解りました。

ねこてん

大愚おしょしゃまの声心地いいね

Gotou Susumu

社長を喜ばせる、同僚や上司部下を喜ばせる。それが一番の成功の近道かと。

maiko2022000

今日のドンピシャのトピックでした

ACKEE

いいぐもさんの作文能力からして絶対大丈夫だと直感的に感じました。すごくしっかりとして、起承転結の整った大変綺麗な文章だなーと。いいぐもさんは何かひとつのフックが弾ければ爆発しそうだなと思います。
などと、偉そうに言いましたがいいぐもさんがひと昔前の自分とものすごく重なったからです。
私が行動しているのは
・徹底して自己分析して感情を分解し、言語化する
 ⇒自分の弱さ、プライドを受け入れる
・虚栄心を捨て去る
・本当の意味で謙虚になる(人を心から尊敬する)
・合格点を下げてとにかくやる。まずやる。徹底的に行動する
・質より量。とにかく動く


これは私に言い聞かせています。ともに成長しましょう。

mariko S.

初めまして。ずっと疑問だったのですが、大愚さんのアイコンって実際に墨で横顔に文字を描かれてるんですか?パソコン?どっち?ってずっと思ってました^^;(動画とめちゃくちゃ関係ない話で、すみません)

湊修司

大愚和尚様の、厳しくも暖かいご説法に、感謝礼拝いたします!

N T

大愚和尚、金言ありがとうございます。
関係を築きたい、交わりたい相手に聞く。
恥ずかしながら、全くその考えには至りませんでした。

勇気もいる事ですし、行動したから必ずしも報われるとは限りません。
でも、必ず長い目で見れば自分を成長させてくれると思います。私もこの金言を頭に刻んで頑張ってみます!

はなみずだいまじん

うーん、当たり前の話だなぁと思いました。

相談者さんは焦っているような印象を受けました。
元々真面目な方なのと…年齢などのコンプレックスから、大きな目標設定をしているのかなと、感じました。
勝手ながら。でも、私も経験していることなので(笑)

入社して実際に仕事をしてからなら、質問に答えようもあるかもしれませんが…まだ入社前ですからねえ。「頑張れ」としか言いようがないです。目標を持つことは大切ですが、「仕事をすること」ではなく「周囲から認められる。そのために先輩や上司とも張り合う。」ことが目標になってる気がします。
目標や理想が高い分、それが達成できなかった時のショックは大きいと思います。入社前の会社のイメージと、入社後の会社のイメージは食い違ってくるものですし。

偉そうに書きましたが、私も昔…そんな感じだったと思います。
自覚ないだけで、もしかしたら今もそうなのかも…。
慌てず、驕らず、少しずつ前進していきたいものです。

noso noso

大した者ではない。 うん、心に刻みます。ありがとうございました。

シモン

自分で考えて、自分で行動する。指示待ち人間が私の職場では多く、そういう人には嫌気がさしてました。
ただ、自分自身を見つめ直すと、私も指示をあおいでいた指示待ち人間だったのかしれません。なぜ、上司が放ったらかしにするのか?早く指示を出してくれと焦る気持ち。もう少し、上司が何を考えているのかを感じなければいけないと思いました。
激動の世の中では、指示待ち人間だと、生きづらくなりそうだと思います。
素晴らしいお話、ありがとうございました。

山口秀男

心は脳が勝手に作り出したものです、人は、みな考え方が異なり常に心身は不安定なものです。では人生の成功と失敗とは何を指すのか?絶体にお金ではありません。結論は「継続は力なり」と言うように寿命のある限り、何か一つを死ぬまで継続できる事柄を見つける事です(これが生きがいと言う物です)。
例えば体が疲れている時には皆、筋肉痛が起きます。では脳が疲れた時には何が起こるのでしょうか?、回答は心が不安定になってしまいます。
仏教の曼荼羅に描かれている構図は脳内で構成されている心のパターンで積層内に分布されていると考えます(曼荼羅と同じように人の体は五感であらわされています)、例えば赤い色は自分が見ている色彩と、他の人が見ている色彩とは別物で異なるのです、ですから自分と他の方とを比較し甲乙を決める事が如何に馬鹿げているのかを理解してください。
心が悩んでいる時にはブドウ糖をなめてください、糖分では在りません(砂糖、ガムシロップ、スイーツ等)驚くほどの心に起きる変化を貴方は体験できるはずです。

博覚明珠

和尚様、誰しもが相手があっての色々な悩みの中何回も聞かせていただいておりますが、和尚様の
「そんな事を私に聞いても知るか」では、恐れながらほぼ全てのご相談は和尚様に取りましては「そんな事知るか。これから自身と関係を作って行こうと思う相手に聞きなさい。」になってしまわれますね。そのあらゆる悩み苦しみの中、和尚様にご助言をいただきたく、色々あった過去を思い出し現在に繋げご相談されている方々がほとんどです。
私達人間はその自身の置かれた場所でやはり自分自身で道を切り開かなくてはなりません。
「そんな事は知るか。私に聞かれても」のお言葉は、当たり前の和尚様のお応えですが、心に刺さるものがありました。和尚様の事を存じ上げてはおりませんが恐縮ながら失礼致します。

tk wgd

感応道交ですね❗

大愚和尚のお話し、とても良く理解出来ました。

私も悩める若き頃、今回の相談者さんであるユウグモさんと同じ悩みを抱えておりました。
相談する相手は、関係を構築していく当人に聴かないとですね❗
今まで、なぜこんな当たり前の事に気付けなかったのでしょう?耳からウロコでした。

はばかりながら、私も大愚和尚と同世代で、失敗を重ねながらも何とか勤続30年を目前という所まで辿り着きました。
同業者も部外者も、大勢の人達を見てきて思った事ですが、私も大愚和尚と今回のコンテンツでおっしゃられていた、大愚和尚の教えのとおり、関係を築く相手に素直になり、地道に愚直に日々を過ごすのが、お悩みを解消する最良の選択だと思います。

ユウグモさん、文章の構成がとても上手で、とても生真面目な方なんだと文面から感じました。
必ず、あなたを必要としている居場所が出来ると思います。一緒に頑張りましょう。頑張って下さい。

博覚明珠

ご相談者、負けん気を持っことは大切だと思います。ただ一年目で同期を蹴散らし上司の方々や社長様に近ずこうと思う野望を持つ事も大切だとは思いますか、どんなに上を上をと目指しても生きて社会と繋がり続けるのは、一生涯における試行錯誤や仕事に置いての勉強は例え社長様になったとしても働く上では課題続きです。
これからの第一歩です。どうぞ寛大な精神とお気持ちをお持ちになり頑張ってください。私は、医療の場に身を置いております。医療成らずとも社会情勢も日々刻刻と進んでおります。自己中心に考えるのではなく周りのスタッフの方々と関わりながら成長なさっていかれる事を願っております。

Tomiken Ph.D.

今日のお話は大変感動しました。相談者には少し手厳しい処方せんであったと思いますが、これは納得のいく処方せんでした。なぜ納得できるのか? 実は、自分には、和尚様がお話した、他者における事例において、よく似た経験・手本があるからです。自分は正直ドジでノロマなカメで、不器用などうしようもなく、カメ以下の最低の人間です。でも、そのカメの中でも最低であっても、自分の夢を果たすため(社会に貢献したい気持ちが強かった)、地道にコツコツととしてやってきた人間の一人で(自分の失敗を反省し、相手から、技術的な手法を学んでいく)、その夢は果たしました。そして、その夢を発展させて、今があると思っています。詳細な事例はFBにあります。それと、採用した社長さんもユニークな方だなという感じは見受けられましたね。

Support Google

文書がうますぎる

湊修司

大愚和尚様の、厳しくも暖かいご説法に、感謝礼拝いたします!

スピリット

大愚和尚様、そしてこの動画の作成に関わった方々すべてに御礼申し上げます。

今回のお話には、質問者様の回答となりえる部分が2つあるように感じられました。
1つは、他人ではなく会社の人間に質問すべきだということ。
2つは、むしろ誰にも聞かないということ。

誰かに聞くことによってかえってご自分の癖をいい方向に活かすことが出来なくなることもあるかもしれません。特定の考えにとらわれてしまうからです。

特になにか結論を申し上げることは出来ませんが、人は前に進むことしか出来ないので、共に精進して参りましょう