【町山智浩の映画時評】欧米で大論争の映画~エル ELLE~

【町山智浩の映画時評】欧米で大論争の映画~エル ELLE~

69 437 views | 30 May. 2017

世界中の映画賞を独占している傑作で、欧米で大論争を巻き起こしているフランス映画『エル ELLE』について、町山智浩さんが熱く語っています。

「氷の微笑」のポール・バーホーベン監督。主演は第74回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞と最優秀外国語映画賞を受賞し、第89回アカデミー賞でも主演女優賞にノミネートされたイザベル・ユペール。

(「たまむすび」アメリカ流れ者より)

takahiro iida

言ってることは正論かも、だけど、自分に酔ってる町山氏

IYO TAKEUCHI

フェアじゃないかもしれないけど、2時的な被害があるという意味では当たってる。映画の主人公ぐらい極端だとよく分かる。日本の事件でも女性がもし、複数の人と性関係を持っていたら、レイプ被害に遭っても仕方ないという論調になる気がする。

scherzo 08

町山がレイプ被害者女性のうち、警察に報告するのは8から9割だと言ってるのは話の流れから考えて、8から9%を言い間違えたんだろうね。
この女性アナウンサーの反応がいちいち俗っぽくて非常に不快で、他の放送回においても彼女の態度から仄見えていたことではあるが、小島慶子や赤江珠緒と決定的に違うのは、弱者の視点がないこと。
自らのアナウンサーとして高給をとり、犯罪を犯したり犯されたりするような人間性の底を這いずり回る世界の階層を経験をしたことがないのであろうことは彼女の責任ではないが、おそらくその立場を想像する余地もなく「多数で普通の生活」に安寧として少しも疑っていない。
劇中で、父親が大量殺人者であったために主人公は少女だった頃から壮絶な中傷に晒されて生きてきたということを町山が話すくだりで、父親の来歴に触れた箇所で女性アナが示した反応、その後、レイプ被害者女性の置かれる立場に共感を示す構えをとる中で、首相のお抱えでもある元TBS記者の性犯罪容疑について町山が言及した際の、政権側およびテレビ局側を代弁するかのようなニュアンスの、脊髄反射的ともいえる「瞬時に起動した」否定的なリアクションに、そういったこの女性アナの資質が悲しい程に露わになっている。
さっそくこのコメント欄にも、山口に準強姦罪の逮捕状が出され(そしてなぜか、前代未聞のことだが捕縛寸前に失効となった)た、昏睡レイプ犯罪の被害者である詩織さんの名誉を毀損するような輩が現れて、書き込みを行っている。
町山はこのエピソード中、訴え出た被害者の発言を全て裁判過程も経ずに鵜呑みにしろ、などとは一言も言っていないにもかかわらず、そのような論点から的外れな反論を輩がコメントしている。
デメリットしかないことが明らかな中で、勇気を奮って顔を晒して会見に訴え出た詩織さんのことを、何の根拠も証拠もない、彼らネトウヨと呼ばれるような層自身が好んで使う「フェイク」情報によって、あたかも野党政権と関わりがあるかのような「印象操作(山口の友人である首相が多用する言葉だ)」を行ったり、胸元が開いた服装で会見にのぞむような女性はレイプされて当然だ! という文意を含んだ、まさに町山が触れたアメリカでの被害者女性が不当に叩かれる際に吐かれる下等で非論理的な主張で貶める行為を批判しているだけだ。
被害者女性が訴え出たアクション自体を害する行為を批判する町山の発言に、まともな人間なら頷く以外にとるべきアクションはあり得ない局面だが、コメ欄でなぜか性犯罪を犯す側、そして被害者女性を不当に叩く側に知己があって庇っているかの如く興奮して、ズレたコメントを書き込んでいる人達は、自分の恋人や妻や子どもが詩織さんのような目に遭って訴え出たとして、フェイク情報を拡散され名誉を毀損されても同じようにトンチンカンで不潔な抗弁をするのだろうか。
もしかして、恋人も妻も子どもも持ったことのない人々なんだろうか。
だったら母親を想像すればいい、が、まさかこの人達は「ま〜ん」などと低レベルな女性蔑視をネット上に書き込むことを日課にしている層と完全に一致しているために、自らの母親や母親性を侮辱することに何の痛痒も感じない、人間性と悟性に欠損のある者共なんだろうか。
ともあれ、町山がまさに指摘しているところの人権意識の低さに拠らなければ発語することの出来ない、獣の如き人語にも満たない吐露を書き込むことを実演してみせたのだから「彼ら」の知的資質の低さは、遍く喜劇の源泉といえ、その点がバーホーベンの映画作りにモチベーションを与えている

クイント

性犯罪を警察に届け出て根掘り葉掘り聞かれるのは犯人を有罪にする為に立証上仕方ない。(可哀想な面ももちろんあるが)
もし女性の曖昧な言い分だけで犯罪が成り立つなら男の人権は無いと言っているようなものだからだ。被害者の人権ももちろん大事だが人ひとりを逮捕するというのはそれ程重大なことなのを知るべきですね。
どのような状況下でどんな事が具体的に行われたかはっきりし、そこに犯罪の構成要件を満たした行為が認められた時、初めて対象の男性は犯人として扱われる。
TBSの記者を告発した詩織とかいう女の言い分が起訴に至らなかったのは女の酒癖があまりに酷いのとホテルに至るまでの経緯に曖昧な点が多く、強姦の立証ができなかっただけで、女性の人権云々は関係ない。
「女性がメディアに出て声を大にして訴えたから嘘な訳がない」なら何でもアリになってしまう。

それにこの件が政権叩きのネタにされてる事なんてメディアの取り上げ方見てたら一目瞭然ですよ。
いくら自分が左翼的思想だからと言ってあまり事実にと基づかない感情的な評論で本作をネタに政権批判するのは見ていて恥ずかしいです。
楽しみにしていた映画なだけに少し冷めてしまいました。

Yosuke Hasegawa

いやー、登場人物全員の考え方や行動が全く理解できない映画でした。。。

スパイネズミの秘密手帳

世間知らずが多くて笑えないな。
山口はレイプ魔だよ。それだけは確実。

やってないなら架空のレイプ被害を公表した詩織さんとやらを名誉棄損で訴えればいいだけの話だからな。

ROCK Kimura

いわゆる弱者とされる人達はリベラル左派のアイコンとなった場合、
弱者から強者に生まれ変わるんですね。貧困者、外国人、LGBT…

Haruki Kinemura

こりゃあ町山さんの言う通り大論争だな








コメント欄が

MON

レイプ事件の話がでてからの、アナウンサーと山里のトーンがガクッと下がったなw

ダダ

くっさいつまらんコメント欄やな

ヨッシー

町山さん攻めるなぁ

ihsotih(いそっち)

流石町山さん。
元TBSのレイプ魔、山口の話をTBSで出してきた。
いいぞ、もっとやれ。

Tkc Mcr

女子アナが保身に走るのは仕方ないのか?

viewer commetator

なんでこんなに低評価がついてるの?

南秀樹

レイプ問題なんですけどね、良い人っぽい事いってるけど町山さん、こういう問題に関しては男の言い分は認めないと言うなら男にとっては恐怖の世界が待ってると思いますけどね。痴漢冤罪問題とどう違うのか説明してほしい。女に悪意があったら証明することは不可能な問題になる。女性に黙れなんていってるわけじゃなく、性に関してそこまで女性優位にしちまったら完全に逆差別だよ。
機会があったら映画見ようかと思いますが、バーホーベンの映画をそう言う風に真正面から受け止めるのはスターシップトルーパーズをお笑い反戦映画と捉えられない感覚と同じ可能性があるとは思わないんですかね。観てないうちに決めつけるのは不味いですが今回は町山さんが現実に対して決めつけてるので勘弁してもらいたいと思います。普段の批評は面白いとおもってますよ。

TheYuutaxful

誰も映画の話してないコメント欄だった

hiromitokyo

町山さんの一方的な意見でフェアーじゃないです。

一文字隼子

ジョディ・フォスターがアカデミー主演女優賞を受賞した映画は「告発の行方」('88)
です

Kota Ishijima

素晴らしいです。

Justin Kyle

野党の陰謀とか言ってるやつらまじでキモいわ

fuji hiro

昔、レイプもので、マリエルヘミングウェイ姉妹が共演して話題になったリップスティック、(音楽はフランス人のミッシェルポルナレフ)と、さようならミスワイコフというのがあったが、どちらも、レイプに甘い社会への批判が込められていた。
この映画で、どのような切り口でレイプ問題を扱うのか。非常に興味深い。郵便配達は二度ベルを鳴らす。的なラストなのかな。

プッカ

レイプゲーじゃないよ
作ってるの普通のゲームだよ

M AKLIL

日本の女性は世界的に見て過剰に被害者意識が強すぎる。自分が人生の主体で自分の責任だという意識を持つべき。こないだのTBS記者を脅した詩織さんみたいなケースもそうだけど、ビジネスの話をしていたらついホテルに居ました。みたいな。自分でデート相手とラブホテル入って二人でベッドインしておいて、一時的にその時だけ意識が無かったので準強姦ですって。本当にビジネス上の付き合いでまじめな人はホテルに行かない。

しゃんしゃん

映画の解説はどこに行ったの!?ww

syufmei

クッころ系w

RICO UA

主人公が警察に行かなかったのは、別な理由でしょ?大論争って、映画をネタに一部が大騒ぎしてるだけじゃないの?日本で大論争になった記憶もないが。主義主張を垂れ流はしたいならご自由にどうぞって感じだが、最低限の映画解説はしてくれよなぁ。全く解説になってない。もっと主人公のことを掘り下げて解説してくれ。

quasimodo1939

全部の映画をバーホーベンが撮ればいいのに

GEN HIRATA

同氏は主張のなかで、レイプ被害者問題のための対策として女性警察官を増強したらよいだろうとおっしゃっておりますが、
実際、海外の事例だとレイプ裁判の場合、陪審員として、若い男性なら、厳しめの裁定を出しやすく、年配の女性であれば、
比較的緩やかな裁定を出しやすいそうです。つまり、女性のレイプ事件の真の闇は、女性社会のなかに内在する格差が顕在化して
いるのではなかろうか?
つまり、レイプ被害にあうような女性は、女性としてのステータスが高いとみなされるため妬み半分で厳しいことになるのではないか?
実際、美形で警察官なんぞ志向する女なんていませんからね・・・。TVのなかならいるけどさ。
まぁ、はっきりいって女性自体が容姿によってヒエラルキーがある程度決まってしまうということを何気に容認してるような傾向すら
あるので、結局レイプ被害者=勝組、勝組が負けた=ざまぁ・・・。という人間の持つ思考の残念な図式がそこにあるので、
女性警察官を増員しても本質的な問題は解決しないのではなかろうか?